シワのケアは種類によって異なる

シワは乾燥が原因と思っている方も多いと思います。しかし、大きな原因は肌の奥である真皮のコラーゲンが老化したり、エラスチンが減少したりすることにあります。また、シワのでき方には段階があります。
最初の段階では、肌の表面に細かいしわが出てきます。これは乾燥すると目立ち、保湿されると目立たなくなるシワで、ちりめんジワとよく呼ばれます。
次の段階になると、顔の表情によって深くなってしまう表情ジワが出てきます。若い方でも笑ったりするとその時はシワができてしまいますが、すぐに戻ります。しかし、加齢とともにできるシワが深くなり、なかなかしわが消えなくなります。それを繰り返すと肌のハリを保つコラーゲンが変化したり、ちぎれたりして、深いしわとなるのです。
コラーゲンは繊維状になり肌のハリを保っていますが、加齢とともに繊維がもろくなり、量も少なくなります。それにより、表情ジワが消えにくくなるのです。また、コラーゲンが減ると肌が薄くなり、シワ自体ができやすくなります。つまり、シワの数が増えるとともに、シワ自体も消えにくくなるということです。深くなったシワはお家でのお手入れで消すことは困難です。サプリや食事からコラーゲンを摂取しても、コラーゲンは消化によりたんぱく質として体内に吸収されてしまうので、コラーゲンがそのままお肌に行くことはありません。
肌の深いところにできてしまうシワを抑えるためには、科学的根拠に基づいた適切なお手入れが必要です。

ちりめんジワには保湿が有効

目の周りに細かな薄いしわができる方も少なくないと思います。このしわはちりめんジワとよく呼ばれるもので、乾燥が原因です。特に老化が原因というわけでなく、子供にも起こります。ちりめんジワを解消するには、保湿が大切です。特に、朝と夜のいつものお手入れの際にきちんと保湿するようにしましょう。その際、セラミド入りの保湿できる美容液で角質を潤し、クリームなど油分で水分を逃さないようにすると効果的です。
ちりめんジワが進行することで深いしわである表情ジワになるわけではなりません。この二つのシワの原因は別だからです。ちりめんジワは子供にも多いですが、深いしわがある子供はほぼいないですよね。ちりめんジワと表情ジワを区別するには、保湿して消えるかどうかを見るとよいでしょう。保湿美容液などでしっかり保湿しても消えないしわがあれば、真皮性の表情ジワである可能性が高いです。表情ジワができるようになれば、保湿の他に加齢に対抗できるようなお手入れを始める必要があります。

肌自体を活性化させることでしわを防ぐ

肌の角質が潤って柔らかいとシワは目立ちにくくなります。そのため、しわを目立たせたくないという方は保湿を行い、角質ケアで角質を柔らかくすることが大切です。
浅く薄いしわであるちりめんジワも深いしわである表情ジワも肌が活性化することで改善することができます。肌の活性化に最適な手段と言えばマッサージです。マッサージによって肌の血流がよくなったり、肌の真皮を構成する細胞や肌の表面となる細胞の生まれ変わりがきちんと行われたりするようになります。つまり、肌本来の回復力を高めてくれるのです。そのため、老化対策にも効果があります。
しかし、真皮の深いところからできてしまったシワは、薄くすることが難しくなっています。深いしわになる前にお手入れすることが大切です。