たるみの出方は顔のつくりによっても変わる

たるみの原因はしわと同じです。肌の真皮にあるコラーゲンが変化したり、コラーゲンの間をつなぐ役割を担うエラスチンが減少したりすることで肌を維持する機能が低下し、たるみが生じるのです。
たるみとシワは原因が同じであるため、解決策は共通しています。しかし、顔の作りによって現れ方が異なるのです。
まず一つ目のたるみは毛穴の開きによるたるみです。毛穴のたるみはたるみ全体でも初期症状で、毛穴のたるみからたるみの悩みが始まったという人も少なくありません。若いうちは毛穴の周りにもコラーゲンがたくさんあるので、毛穴も閉まって見えます。しかし、加齢とともに毛穴周りのコラーゲンが減少してしまうので、毛穴が開いて見えるのです。
たるみによってできる涙袋は目の周りの薄い皮膚が眼球やその周りの脂肪に耐え切れなくなってたるむことで生じます。
二重あごもたるみが原因になります。特に太っていないのに二重あごになるのは、顔周りの脂肪の厚い部分を顔周りの皮膚が支えきれなくなるためです。
しわと同じように思われるほうれい線も実はたるみが原因です。頬にある分厚い脂肪を口周りの薄い皮膚が支えきれなくなることでほうれい線は生じます。そのため、皮膚の外から働きかける化粧品では改善が難しいのです。美容整形外科などでヒアルロン酸注射をしてもらうなど肌の内側から働きかけなければ解決するのが難しくなっています。

たるみを防ぐにはシワ予防のケアがお勧め

たるみによる毛穴の開きや涙袋、二重あご、ほうれい線の原因は共通しており、脂肪や周りの組織に皮膚が耐え切れなくなって生じます。皮膚が耐え切れなくなる原因はコラーゲンが老化してしまうためで、これはしわも同じです。
毛穴のたるみ用、シワ用などそれぞれの悩みに特化した化粧品も販売されていますが、基本的にはコラーゲンを増やしたりするものです。このような化粧品を一つお手入れに取り入れることで複数のたるみやシワの悩みに対応できます。
コラーゲンを増やす成分としては、ビタミンCやレチノールなどを挙げることができます。これらの成分の入っている化粧品を選ぶようにしましょう。尚、しわやたるみはできた後に改善することは難しく、予防が大切です。早めのケアをお勧めします。

マッサージで肌を活性化させるのも効果的

たるみの原因は老化だけではありません。皮膚の下にある脂肪細胞が大きく成長してしまうことや血行が悪くなりむくみが生じることも原因です。むくみによって真皮の組織を保つ力が低下し、しわやたるみが生じてしまうのです。
しわやたるみ対策には老化を防ぐ化粧品や紫外線対策も大切ですが、マッサージを行い、むくみを防いで真皮の力を強めることも効果的です。マッサージによって、血行やリンパの流れを良くし、むくみや皮下脂肪がつくのを予防することもたるみ対策につながります。