ストレスで身体に変化が起こる

ストレスは肌荒れやニキビの原因になると感じている方は多いと思います。しかし、肌荒れやニキビの原因がストレスなのか、それ以外の要因が大きいのか理解することは難しく、医師などの専門家でも確実に判断することは困難です。
人間の身体はストレスを感じると交換神経を緊張させてしまいます。わかりやすく言うと臨戦態勢です。周りの状況を敏感に感じることができるよう、身体の血液が頭に集まり、脳の動きが活性化されます。さらに、しっかり、そして素早く動くことができるよう心臓の動きが激しくなり、血圧も上がります。戦うときに空腹を感じたり、排泄したくなったりすると大変なので、胃腸の動きは弱まります。
戦うときのようなストレスは、その状況がなくなれば感じなくて済むようになりますが、現在のストレスは続くものが多くなっています。人間関係などは簡単に切り捨てることができないので、長年にわたってストレスを受け続けることも珍しいことではありません。
長期にわたってストレスを受けると、神経が敏感な状態が続いて休息がうまく取れなくなったり、胃腸の働きが悪くなったままになり、下痢や便秘の原因になったりします。
さらに、頭に血液が集まるように身体の末端の血流が少なくなるため、肌に充分な栄養がいきわたりにくくなります。十分な栄養がいかないと肌の老化は早まります。また、ストレスによって活性酸素が発生し、これも老化を促進する要因となります。
また、ストレスを受けると血液の白血球が増えることもわかっています。白血球が増えると肌に炎症が起きやすくなり、ニキビや肌荒れのもととなるのです。

ストレス解消にはウォーキングも効果的

ウォーキングなどで身体を動かすと、セロトニンという心身の安定に関係する脳内物質が分泌されます。そのため、ストレスを軽減する効果が期待できます。

香りによってもストレスを軽減できる

香りをかぐと、感情をつかさどる大脳の部分に刺激が行きます。そのため、良い香りであればよい気分になることができるのです。古くから世界各地でお香やアロマなどが心身の健康のために用いられてきましたが、良い香りをかぐことでリラックスできるという経験を活かした知恵といえます。

カフェインやたばこには注意

カフェインやたばこなどは興奮作用があり、交感神経を刺激してしまうのでストレスを悪化させる可能性があります。アルコールも飲み始めはリラックスできますが、後から覚醒作用が生じます。さらに、アルコールには依存性があるので注意が必要です。気持ちが落ち着くからとアルコールに頼ってばかりいるとアルコール依存症になる恐れがあります。また、アルコールを飲み続けると良質な睡眠がとれず、ストレスによる症状が悪化することもあります。