ニキビの要因は様々

ニキビができたことが一度もないという人はほとんどいないのではないでしょうか。ニキビはありふれた肌トラブルですが、ニキビの要因は意外と知られていません。しかし、ニキビを解消するにはニキビのできる原因やでき方を理解することが大切です。
ニキビの原因は皮脂が多いからだと単純に考えている人も多いと思います。しかし、これは必ずしも正しいとは言えません。日ごろ乾燥に悩んでいるという方にもニキビはできますし、皮脂の多いTゾーンにはニキビができないのに、乾燥しがちなほほにニキビがよくできるという話はよく聞かれます。
ニキビができる際に起こる皮膚の変化として、毛穴周りの角質が厚くなり、毛穴がふさがれてしまうことがあります。毛穴がふさがれてしまうと毛穴の中に皮脂がたまりやすくなり、そこにアクネ菌が増殖してしまいます。それが原因で炎症が起こり、ニキビとなります。毛穴のつまりは脂性肌、乾燥肌関係なく生じますので、皮脂が少ない肌にもニキビが発生するのです。
アクネ菌はニキビの原因となる菌ですが、人間の肌に普通にある菌で、アクネ菌をすべて除去することは現実的ではありません。さらに、皮膚の菌バランスを保つためにもある程度必要です。アクネ菌さえ退治すればいいというわけではありません。
それではなぜニキビができるのでしょうか。ニキビはホルモンなど体内のバランスの乱れが原因だと考えられています。睡眠不足やストレス、食生活の乱れなど様々な要因が体内の微妙なバランスを崩してしまい、免疫力や肌の新陳代謝の低下につながります。
このようにニキビができる原因は複雑で特定することが困難です。特にニキビが長引く人、ひどい人は肌のお手入れだけでは改善が難しいことも少なくありません。皮膚の健康の専門家である皮膚科医の診察を受けることが解決の近道です。

大人ニキビと普通のニキビとの違い

ニキビといえば思春期である10代に特有のものだと思われてきましたが、最近では20代以上にも発生する「大人ニキビ」に悩む方も増えています。大人ニキビは思春期のニキビとは異なる点があります。
まず一つ目の異なる点は、顎周りにできやすいことです。さらに、治りもよくなく、ニキビ跡として残りやすいのも特徴です。
寝不足やストレスなどの生活習慣により悪くなりやすいということも大人ニキビの特徴といえます。もちろん食生活も重要ですが、大人ニキビは睡眠が関わる点も大きく、睡眠不足がもたらす影響は大きくなっています。
大人ニキビはさまざまな生活習慣が原因となりえます。小さなことでも肌によくない習慣はやめていくことがニキビ解消に大切です。

ニキビは急にできるわけではない

ニキビができる前から肌には変化が起こっています。つまり、いきなり出てきたように見えるニキビもその元は前からできていたのです。
ニキビはどのように発生するのでしょうか。まず、肌内部で炎症が始まります。その炎症が大きくなると内部に留めておくことが難しくなり、表面に出てきます。これがニキビとなるのです。私たちの目からは急にニキビが発生したように見えますが、その前から肌の内部でニキビの元となる炎症ができています。
まだ炎症が肌の内部に留まっている時期にお手入れすることがニキビ対策には大切です。ニキビが表面に出てから治そうとすると大変ですし、治るまでにより時間がかかってしまいます。