身体は寝ているときに成長回復する

肌を内側からきれいにしたいというときは食べ物に気を付けるという方が多いと思います。しかし、食事以上に肌の健康に大切なのは睡眠です。なぜ睡眠が肌の美容と健康に大切なのでしょうか。
睡眠には身体を回復させる効果があります。人間は起きている間、無意識のうちに脳を動かしています。そのため、脳に血液が集まり、肌などの身体の細部に行く血液の量や質は落ちがちです。しかし、睡眠中は脳も休んでいるので、身体に栄養を十分に含んだ血液がいきわたるようになります。血液によって運ばれた栄養により、知らず知らずのうちに消費したり、損傷している身体の細胞を修復したりすることができるのです。睡眠不足だと体が不調になることが多いのは身体がしっかり回復できていないからです。
その他に、睡眠中は成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンは背を伸ばす働きだけでなく、細胞分裂を盛んにする働きがあります。つまり、成長ホルモンにより、肌や身体の各部の組織を修復させているのです。尚、肌などの身体の組織を回復させるには6時間は必要といわれています。そのため、6時間以上の睡眠が取れなければ、十分に修復できず、肌荒れなど起こす可能性があります。
このように肌の回復、修復は睡眠中に行われています。肌の美容と健康には睡眠が大切です。

美肌のために寝るべき時間

「ゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。ゴールデンタイムに睡眠をとると成長ホルモンが出やすく、美肌に良いといわれています。
ゴールデンタイムは22時から深夜2時とされていますが、人間が本能的に体内時計によって生活していた原始時代の生活を考慮したものです。
現代の日本でゴールデンタイムに就寝することは難しくなっています。無理のない時間を考えると午前0時から30分までに就寝することをおすすめします。
また、成長ホルモンは体内時計の影響を受けるので、規則的な生活を送ることも重要です。つまり、毎日寝る時間が大きく変化しないように気を付けるということです。成長ホルモンをきちんと分泌するには規則的な生活をし、体内時計が働くようにすることが大切です。
まずは毎日午前0時半まで、できるだけ一定の時間に寝るようにしてみましょう。お肌の調子もよくなるはずです。

睡眠の質を上げるコツ

睡眠には時間の他に質も大切になってきます。特に睡眠開始3時間ほどは成長ホルモンの分泌が盛んになる時間ですので、この時の睡眠の質が大切です。
睡眠の質を上げるには準備が必要です。寝る前にパソコンやスマホを見ていると強い光などにより脳の働きが活性化してしまい、熟睡しにくくなります。寝る予定時間の1時間前くらいには照明を落としていくと良質な睡眠をもたらしてくれるメラトニンというホルモンが分泌されやすくなります。
また、外から光が入ってくるという方は遮光カーテンを利用することをお勧めします。睡眠を妨げるものはできるだけ排除して熟睡できるように準備しましょう。

睡眠にはリズムがある

気持ちよく起床できるときとそうでない時がありますね。これは、睡眠のリズムが関係しています。
睡眠の深さは一定ではなく、眠りの深いノンレム睡眠と浅いレム睡眠を繰り返しています。ノンレム睡眠とレム睡眠の周期は大体1時間半ごとです。この二つの睡眠の切り替わりの時に起きるようにするとリズムに合っているので起きやすいといえます。1時間半ごとの交代なので、1時間半の倍数である6時間や7時間半の睡眠時間にするとよいでしょう。
さらに、浅い睡眠であるレム睡眠の後の方がより目覚めやすいので、睡眠時間を3の倍数である6時間、9時間にする方が効果的です。
起床するときはすぐに体を起こすことが大切です。そのままでいると、次の睡眠に入ってしまう可能性があります。光を浴びたり、水を飲んだりすることもすっきりとした目覚めを助けてくれます。