くすみができる理由は様々

顔色の感じ方やくすみの気になり方には個人差がありますが、実際にくすみは発生します。
くすみの原因として一つ目は、古い角質が残ったままになり、肌の表面の角質が厚くなっていることを挙げることができます。角質は透明ではなく少し黒色がかっているため、その角質が厚くなることで肌がにごって見えてしまうのです。肌の生まれ変わりの周期が乱れると古い角質が肌に残ったままになりやすく、くすみの原因となります。
二つ目の原因は、乾燥によって角質が厚くなることにあります。肌は乾燥すると外からの刺激から肌自身を守る力が弱まります。その際、肌は自身を保護するため、角質を厚くしてしまいます。先ほど述べた通り、角質は黒みを帯びているので厚くなるとくすんで見えることとなるのです。
くすみの原因の三つ目は、睡眠が足りていなかったりして血行が悪くなることです。血行が悪いと顔色が悪くなり、肌自体がくすんで見えがちです。
その他にも、紫外線で軽く日焼けをしたり、摩擦により黒ずんだりすることも肌の透明感を失わせてしまいます。これが「肌がくすんでいる」と思わせたりする原因です。
ここまでくすみの原因を紹介してきましたが、様々な原因によりくすみは発生します。自分のくすみの原因を知り、それに合った解決策をとることがくすみ改善の近道です。

厚くなった角質を取り除くにはピーリングがお勧め

角質が厚くなることによって発生するくすみの場合、古い角質を除去することが大切です。
もちろん、保湿をして肌を整える必要がありますが、古い角質が固まった状態では保湿成分や美容成分が肌の中まで届きにくくなっています。
そのため、古い角質のピーリングを行い、除去することが美容液などの浸透を高めてくれるので効果的です。
ピーリングを行った後は、乾燥や刺激から肌を守るためにもセラミド配合の保湿できる美容液などをつけてしっかり保湿しましょう。

角質層が灰色っぽくなるのは乾燥が原因

肌が乾燥すると角質層の灰色っぽさが増してしまいます。冬は特に顔色がくすむという方が多いのも、これが原因であることが多いです。
冬は寒いので血行が悪くなるという方が多いと思います。血行が悪いということは栄養や酸素を運んでくれる血液の動きが悪くなるということです。そのため、必要な栄養などが肌に行きにくくなり、乾燥につながります。
乾燥が原因のくすみを改善するには保湿が大切です。保湿を行うには、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸などが入った美容液が効果的です。比較的早めにくすみが軽減されたと感じることができますよ。